« 公務員人件費 | トップページ | 倉吉の圭ちゃん70 戦時中の話11 暗視カメラ2 »

2012年1月15日 (日)

倉吉の圭ちゃん69 戦時中の話11 暗視カメラ1

僕の子供の頃は
テレビ画像は白黒だった

その白黒の画像がカラーに見える
プラスチックレンズを売っていた

透明のプラスチックの板に細かな線が入っていて
それをブラウン管の前に取り付けると
カラーになって見える
という画期的な物だった


現実には
プラスチック板の線で
光が屈折して虹色になっているだけだったが

それが欲しくて
父にねだった事がある


すると父は


「テレビはなぁ
俺が作りよっただぞ」

と言い出した
これは期待できると思い

「カラーテレビ作ってぇな」

と言うと
父は
「テレビってゆうかいや
暗視カメラを作りよっただけ」


「暗視カメラ?」

「まぁ〜くらな所でも見えるカメラだいや」

|

« 公務員人件費 | トップページ | 倉吉の圭ちゃん70 戦時中の話11 暗視カメラ2 »

倉吉の圭ちゃん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倉吉の圭ちゃん69 戦時中の話11 暗視カメラ1:

« 公務員人件費 | トップページ | 倉吉の圭ちゃん70 戦時中の話11 暗視カメラ2 »