« ル・トア・ド・パリ 2 | トップページ | 超粗挽き 年越し蕎麦 »

2012年1月 4日 (水)

ル・トア・ド・パリ 3

メインディッシュの前に

再度 メインディッシュに合うお酒をお願いし

グラスに赤ワインが注がれた

 熟成されて酸もタンニンも控えめになって濃厚な味わいの フルボディ

 いい味 おいしい 

さて、メインディッシュは

五島牛のステーキ

20120102_13303_2

長崎県の五島列島産のプレミアム牛だ
ステーキソースでしっかりと絡めた牛蒡と
黒トリュフがたっぷりと乗っている


20120102_13319

肉質がとてもやわらかくマイルド
 牛の旨味がギュッとつまり 旨い
次にトリュフと合わせて口に入れる
 ベストマッチング
 さら旨味が広がる

ステーキソースに絡めた牛蒡

これは 本当に旨い

牛蒡を使わないとこの絶妙な旨味は生まれないだろう
これは日本人だからこそ作り得た 微妙な優れた旨味だ

シェフの力量に脱帽

デセール


20120102_13345

シェフの自宅の栗の木から採った栗のケーキ
ガナッシュ
フランボワーズ

どれもうまくつくっている おいしい

ケーキ屋のケーキより全然旨い

シェフ曰く
「レストランのケーキは「デセール」です。
食事の後に楽しむ料理の一品

ケーキ屋のケーキは作り置きしなければならないので
どうしても旨さが落ちてしまうが、
レストランのケーキは出来たてを食べていただくので、その瞬間に最高の旨さが出るように作る。
だから、旨いのはあたりまえ」というようなことを
さらっと言われた。

レストランでワゴンに入れてくるものは作り置きのものだから本来のレストランの出すものではない。あくまでもレストランのケーキは食事と同じで作ってすぐ食べることをめざして作られるものである。

しっかりと納得した。


ずっと昔 東京で一流のフランス料理専門の店といえば
まだ銀座五丁目のソニービルB3の「マキシム・ド・パリ」位しかなかった頃

まだ小さな餓鬼であった私は時々叔母に連れられて食事に出かけた。
小学生でもネクタイ着用であった。
ウエイティングバーで ロングノーズの椅子に座り足をバタバタさせながらソーダをいただき
食事の用意が出来るまで待ってから
ダイニングへ案内され
とても美味しい食事をたべた。

それ以来のフランス料理とのお付き合いだが。


フランス料理はソースで食べるといいますが
ル・トア・ド・パリの料理は
素材の良さが十分生かされ
どれもソースがすこぶる旨い

味に対して値段がとても安すぎる
 
都会のフランス料理屋だと2倍はするであろう

これだけのレベルの味をこの値段で出せるレストランは名古屋にはないであろう
また、値段に関わらずこれだけのレベルの味をだせるレストランはそんなにないとおもう。

とてもお値打ちな店であった。

シェフにはその後デセールのこと、食材のこと、料理のことなど

他のお客様も帰られて 

沢山教えていただき

約三時間もの間 美味しい食事と楽しい話しで過ごすことが出来ました

次回は
 この冬の時期しか食べられないジビエと 特製のスフレをお願いして

ル・トア・ド・パリを失礼したのはPM10時前


今日を振り返ると

雪に誘われ御岳近くまでのドライブ
純白の道

三時間かけた美味しい蕎麦

粉雪の露天風呂

粉雪舞うドライブ

至福のディナー


一日がとてもリッチな

本当に有意義なクリスマス・イヴでした


ありがとう


昼と夜の食事で六時間もかけているなんて贅沢すぎる

ホワイトクリスマス


*********************************

フランス料理 ル・トア・ド・パリの概要
《多治見市近郊グルメガイド》より
オーナーシェフ小田川さんは長崎出身の方で、フランス料理の修業で日本から第一期生としてフランスに渡り10年もの間、各地のレストランでフランス料理の修行経験を積んだ方です。

日本に帰国前の最後に働いていたのが、フランスのブルターニュ地方(Brittany)カンカル(Cancale)のフランス料理店ラ・メゾン・ド・ブリクール(La Maison de Bricourt)です。
ラ・メゾン・ド・ブリクール(La Maison de Bricourt)は、フランスの世界遺産モンサンミッシェル(湾上に浮かぶ小島に建てられた修道院)の近くにあるフランス料理店です。
このレストランは、オリヴィエ・ロランジェ(OlivierRoellinger)さんと立ち上げ、小田川さんの帰国後、年数を重ね2006年2月に、ミシュランの三ツ星を獲得しました。
オリヴィエ・ロランジェさんは、ミシュランガイド東京2008の発表の時にも来日していたそうです。
しかし、残念なことに、ラ・メゾン・ド・ブリクール(La Maison de Bricourt)は、オリヴィエ・ロランジェさんの体力的理由で、2008年11月にミシュランに三ツ星を返上し、お店も2008年12月に閉店してしまったそうです。
三ツ星を獲得するのも大変ですが、三ツ星を維持するのも、一般人には想像しがたい大変なことなんでしょうね。

7年ほど前から料理、接客、テーブルセッティング、自家菜園管理等を、
一人でこなされているんです。
なので「ル・トア・ド・パリ」は完全予約制です。
食材の仕入れは、よい食材を手に入れる為、早朝に空港の近くの市場まで行かれるので、
1週間くらい前までに予約をするのがよいみたいです。

フランス料理 ル・トア・ド・パリ
住所 岐阜県多治見市若松町4-28-23 若松ビル1F
TEL  0572-24-3601
定休日 月曜日・第3日曜日
ランチ 11:30~14:00 平日 2400円、土日祝 3200円または5200円
ディナー 17:30~21:00 税込5200円 税込7200円 税込10000円

|

« ル・トア・ド・パリ 2 | トップページ | 超粗挽き 年越し蕎麦 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ル・トア・ド・パリ 3:

« ル・トア・ド・パリ 2 | トップページ | 超粗挽き 年越し蕎麦 »