« 三徳山 三仏寺1 世界で一番優美な木造建築 | トップページ | 三徳山 三仏寺3 日本一 危険な国宝 »

2011年12月 6日 (火)

三徳山三仏寺 2 世界で一番優美な木造建築

20111206_02547

20111127_234535

これが投入堂
どうやってこんな急峻な崖に建てられたのか
その考え方も
つくり方も
不思議

足がとても長く
切り立った崖から切り立って建っている

ごく一部の限られた場所しか
足場がなく危険なため
本来のうつくしさを写真で表すのは無理です

遙か下の柵の所からよじ登って入るのですが
危険なため柵には鍵がかかっていて禁止されています

20111127_171753

数年前の調査で発見されたのですが
創建当初は朱塗りだったそうです
その時はとても見事だったでしょうね

とても素晴らしい建物ですが
この投入堂を間近に見るのはとてもたいへんです

投入堂へ行くにはとても厳しい山道を登っていきます

山岳信仰の修行の場

山岳仏教の修行の場は日本に沢山ありますが
此処までたいへんな登山道は他にないくらい厳しい

歩いて1時間足らずの山道ですが
北アルプスの厳しい山を歩くよりも厳しいかも知れません

木の根や岩、鎖など両手を使わなければ上れない場所も多く
切り立った場所などもあり
足腰の弱い人は最高傑作の投入堂迄は行けません

過去五年の間に奥の院への登山道で3人の方が崖から落ち、その内2人の方が亡くなったそうです。
(いずれも70代の男性だそうですが、)

|

« 三徳山 三仏寺1 世界で一番優美な木造建築 | トップページ | 三徳山 三仏寺3 日本一 危険な国宝 »

倉吉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三徳山三仏寺 2 世界で一番優美な木造建築:

« 三徳山 三仏寺1 世界で一番優美な木造建築 | トップページ | 三徳山 三仏寺3 日本一 危険な国宝 »