« 倉吉の圭ちゃん66 戦時中の話8 | トップページ | 「組織に楯突くな 組織に楯突いて生き残った奴はいない」 »

2011年11月10日 (木)

倉吉 くらよし 久しぶり 

津山に寄り道をして棟方志功&柳井道弘記念館(M&Y記念館)と津山城に行き
-院庄-奥津温泉-下齋原-上斎原-人形峠-三朝温泉を通り
倉吉に帰りました 倉吉市は鳥取県の中央にあり
 その名の通り くらしよしまちです

羽衣伝説と桜のきれいな打吹山の麓
伯耆の国の東側の中心として栄えた城下町でとてもきれいな水の街

運河が造られそこには沢山の蔵が続いている商業の発達した街です

20111109_141348

20111109_140044
玉川沿いの白壁の土蔵群

20111109_140136


20111110_01734

実家から歩いて5分位の河原町のお地蔵さんのところ

鉢屋川には錦鯉がゆったりと泳いでいます

20111110_01749

川がきれいなので
 かつては 夏になると一部を堰き止め
  子どもたちがプール代わりに楽しんでいました


20111110_02906
茶色の石州瓦の甍がつづき

20111110_02844
品のよい中庭を持った家があり


静かな
やさしいまち

海も近く 山も近く
海からの幸 山の幸に恵まれ 
美味しい和菓子屋さんも多く 

食にもとても恵まれたところです


そんなやさしいまちで
うまれ

そだちました

|

« 倉吉の圭ちゃん66 戦時中の話8 | トップページ | 「組織に楯突くな 組織に楯突いて生き残った奴はいない」 »

倉吉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倉吉 くらよし 久しぶり :

« 倉吉の圭ちゃん66 戦時中の話8 | トップページ | 「組織に楯突くな 組織に楯突いて生き残った奴はいない」 »