« あまりにも身近に棟方志功 | トップページ | 天知る 地知る »

2011年11月29日 (火)

岩村城の晩秋

11月の終わり

残照のような紅葉をさがして

岩村城へ
i
20111129_192856
i岩村城は岐阜県恵那市岩村町にある日本三大山城の一つです

日本三代山城は 備中松山城(岡山県高梁市) 大和高取城(奈良県高取町) 美濃岩村城(岐阜県岩村町)
ですが、岩村城は"日本一"標高が高いところにある山城。松山城は天守閣が現存する唯一の山城。高取城は日本一比高≪山頂と麓の高低差≫の高い城と、それぞれ日本一の特徴を持っています。

 備中松山城(岡山県高梁市)は 悲劇の名将 山中鹿之介が高梁川の渡しで殺害されたところでもあり、かつて 行きましたがおとても感動しました。城も櫓なども現存しており、更に楽しませてくれました。

岩村城は日本一標高が高いところにある山城で、建物などは明治時代に取り崩されてしまいましたが
石垣や縄張りなどとても素晴らしい遺構です

山城は気持ちを安らかにしてくれるのでとても好きです。

20111129_193124


20111129_192843


20111129_192936_4


20111129_192954


20111129_193007


20111129_194031


20111129_194048

20111129_194113

もうすぐそこまで 冬の足跡が近づいています

雪化粧をした岩村城はどんな装いなのでしょう

|

« あまりにも身近に棟方志功 | トップページ | 天知る 地知る »

恵那・岐阜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩村城の晩秋:

« あまりにも身近に棟方志功 | トップページ | 天知る 地知る »