« 豊田市民芸館 | トップページ | 毎日 贅沢な気分で お抹茶を »

2011年7月22日 (金)

倉吉の圭ちゃん48  戦艦 艦虎9

その船の名前は
艦虎(かんどら)と 決めていた
虎(タイガー)のように 強くて かっこいい戦艦だからだ(空母だけど…)

我ながらかっこいい名前だと思ったのだが…

公ちゃんとお父ちゃんには
あまりウケがよく無かった

お父ちゃんに
「船の名前にはなぁ 名前の最後に 「…丸」 が付くだぞ」

と言われたが

「かんどら…丸」は
どうもかっこ悪く

「…丸」は付けたくなかった


その後
船のシャカシャカもやらなくなり

トノコも塗装もされる事は無かった

結局 完成せず
陸でその生涯を終える事になりそうだ

しかし
その未完成の空母は
僕の大切な 宝物 になった

そして
いまだに夢の世界で大海原を快走中である

もちろん艦載機もたくさん乗せてね

そして
そんなすごい戦艦を作った
れぇちゃん は僕のヒーローになった

|

« 豊田市民芸館 | トップページ | 毎日 贅沢な気分で お抹茶を »

倉吉の圭ちゃん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倉吉の圭ちゃん48  戦艦 艦虎9:

« 豊田市民芸館 | トップページ | 毎日 贅沢な気分で お抹茶を »