« 倉吉の圭ちゃん38 廊下掃除2 | トップページ | 倉吉の圭ちゃん40  戦艦 艦虎1 »

2011年6月14日 (火)

倉吉の圭ちゃん39 廊下掃除3

れぇちゃんが音をたてない様に静かに走る姿が
妙におかしくて
 
僕は片手で口を押さえていたが
どうしても声が出てしまう
 
れぇちゃんが
「し~」
と言って振り向くと
 
またまたおかしくて

その上 
我慢すれば我慢するだけおかしくなって
変な声が出てしまうし
よだれもでるし
お腹がよじれるかと思ったとき
 
怒ったようなお母さんの声が飛んできた
 
「なにしとるだえ!」
「怪我したらどうするだいな」
「れいぼうがおって なにさせとっだえ?」
 
公ちゃんがすかさず
「僕は何もしとらあへんで」
と言った (事実 公ちゃんはちゃんと掃除していた)
 
すると母は
「あんたは見とるだけで何にも言わんだか」
「うっっちゃぁ気がしれんけぇ」(わたしは気がしれないわ)
と言い放った
 
完全にとばっちりだった
 
みんな 仕方なく2階に逃げた
 
翌日 明るい光のなかで廊下をみると
ピカピカに輝いていた
 
ついでに
僕のズボンの膝やお尻や服のひじもテカテカに輝いていた

 
 
終わり

|

« 倉吉の圭ちゃん38 廊下掃除2 | トップページ | 倉吉の圭ちゃん40  戦艦 艦虎1 »

倉吉の圭ちゃん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倉吉の圭ちゃん39 廊下掃除3:

« 倉吉の圭ちゃん38 廊下掃除2 | トップページ | 倉吉の圭ちゃん40  戦艦 艦虎1 »