« ル ミュゼ ド アッシュ (桜にさそわれ能登へ 19 「ル ミュゼ ド アッシュ」6) | トップページ | 代議士は税金泥棒 »

2011年6月 9日 (木)

ル ミュゼ ド アッシュ (桜にさそわれ能登へ 20 「ル ミュゼ ド アッシュ」7)

石川県の芸術の殿堂 石川県立美術館
その中の正面に出店した店 「カフェ ル ミュゼ ド アッシュ」

石川県立美術館のメインが 「カフェ ル ミュゼ ド アッシュ」という感じです

石川県で一番のお店と言うことですね


和倉でちょっと残念だったので

同じ店でも場所が離れており
作っている人は別の筈だからもしかしたらと

確認のため

少し期待を込めて

入っていきました

20110608_232138


店内からは本多の森のみどりが きれい

20110608_232114

注文は 昨日 和倉のル ミュゼ ド アッシュで
オペラマンダリン
ココットアナナス
スフレフロマージュ
の3個を食べたので

今回カフェ ル ミュゼ ド アッシュでは
モンブランと自由が丘ロールを食べる事にしました

2日間で同じ名前の店で5個も食べればその店のレベルは十分でしょう
和倉ではマカロンがサービスでついていましたが
金沢の店では『YUKIZURI』というパイがついていました
「行きずり」ってなんだ?

兼六園の冬の風物詩 気を守る三角形に縄を張った「雪吊り」のことのようですが

モンブラン¥500
栗を使ったマロンペーストのモンブラン。

20110608_234235


20110608_234312
モンブランは繊細で くどくない上品な味だが 特別印象に残らない味

20110608_234328

中までマロンかと思ったのですが、残念ながら大部分がクリーム
あっさり系のマロン これがもっと多くの部分を占めていたら印象は良くなったであろうが
クリームが多く いくら何でも500円は高い

自由が丘ロール¥380
辻口氏が東京の自由が丘に世界で初めて開いたロールケーキ専門店の名前をとった代表的ケーキ

20110608_234348


20110608_234359

旨みたっぷりの柔らかいロール生地にクリームを包み込んだロールケーキ。
柔らかくてフワッとして仲々いい感じ 
美味しい

どこでもあるものよりはちょっとイイ感じのレベル
ほんのちょっと高いかな

というわけで合計5個もたべました

どれも美味しい
あれだけ名前が売れていなければ 美味しいケーキと思っただけで済んだかもしれませんが
金沢の一等地にあり 超有名なパティシェのものとすると

ちょっともの足りなかった

歩いて5分の所にある
旧石川県庁舎本館の「しいのき迎賓館」にオープンしたミシュラン3つ星レストランのポールボキューズのデザートで食べた「ムッシュ・ポール・ボキューズのクリーム・ブリュレ」の美味しさは数倍上だった。また「苺のタルト500円」も味は上でした。

5月17日 (火)に書いた 「桜にさそわれ能登へ 12 昼食はポールボキューズへ」をご覧下さい


「ル ミュゼ ド アッシュ(H氏(博啓氏)の美術館)」という名前

ちょっと名前負けかな

ただ、食べ物の店は数ヶ月行かないと味が変わることもあるから
次回は期待できるかもしれない

|

« ル ミュゼ ド アッシュ (桜にさそわれ能登へ 19 「ル ミュゼ ド アッシュ」6) | トップページ | 代議士は税金泥棒 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ル ミュゼ ド アッシュ (桜にさそわれ能登へ 20 「ル ミュゼ ド アッシュ」7):

« ル ミュゼ ド アッシュ (桜にさそわれ能登へ 19 「ル ミュゼ ド アッシュ」6) | トップページ | 代議士は税金泥棒 »