« 桜にさそわれ能登へ 15 「ル ミュゼ ド アッシュ」2 | トップページ | 桜にさそわれ能登へ 17 「ル ミュゼ ド アッシュ」4 »

2011年6月 3日 (金)

桜にさそわれ能登へ 16 「ル ミュゼ ド アッシュ」3

ル ミュゼ ド アッシュ le musée de ache

ache (アッシュ) はアルファベットのHのこと

「Hの博物館(美術館)」という意味で辻口氏の名前のイニシャル
とても思い入れのある美術館なのでしょう

まず「辻口博啓美術館」へ向かいました。

入り口の前の案内には無料となっています。
どうしてなのかな? 
そういうこともあるか と ふと思いましたが……

自動ドアが開くと「海の中の銀河」という
幅6m高さ1.2mにも及ぶ巨大壁画が正面にドンとありました、
半分透き通った巨大な板にアクションペインティングしたもので、そのバックからLEDで照らし出してあり、色が変わっていきます

その巨大な板は飴でできています。
巨大な飴に飴のアクションペインティングがしてありました。

左側には 太陽の日差しが海中をレインボーに照らし出すプリズムの中、真っ白なサザエが微笑んでいる様子をお菓子で表した「サザエ」などがあります。

その他のオブジェ6点位の作品も全て飴でつくってありました。

それぞれイイ線を行っていますが 他の素材を使ったものであれば それぞれ頑張っているなあ という感じ。

飴で作ってあるから 凄い作品だ と おもいますが

さて 次の部屋には何があるか と 次の部屋への入り口を探しました

しかし どこを探してもありません

あとは漆器の角偉三郎美術館になり、それが一階と二階にスペースにありました。

「辻口博啓美術館」はどこへ行ってしまったのでしょう
美術館と言うくらいだからまさか一部屋だけでは無いはず

もう一度 隅々までよく探しましたが ありません。

なんか キツネにつままれたようだ

でも やっぱり 一部屋でした。


幅6m高さ1.2mにも及ぶ飴の巨大壁画にはびっくりしましたが

総数 8点

(一部屋では美術館 というより 陳列室といった方が良いのでは……)とおもいました

辻口博啓美術館【ル ミュゼ ドゥ アッシュ】
http://www.kagaya.co.jp/le_musee_de_h/contents/wakuraConcept.html

|

« 桜にさそわれ能登へ 15 「ル ミュゼ ド アッシュ」2 | トップページ | 桜にさそわれ能登へ 17 「ル ミュゼ ド アッシュ」4 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜にさそわれ能登へ 16 「ル ミュゼ ド アッシュ」3:

« 桜にさそわれ能登へ 15 「ル ミュゼ ド アッシュ」2 | トップページ | 桜にさそわれ能登へ 17 「ル ミュゼ ド アッシュ」4 »