« 桜にさそわれ能登へ 6 | トップページ | 桜にさそわれ能登へ 8 »

2011年5月 7日 (土)

桜にさそわれ能登へ 7

漆芸は中国・朝鮮・その他アジア・アフリカなどで生産されています
JAPANは日本の英語表示ですがJAPANの意味は漆 漆芸のことで、
漆イコール日本と呼ばれるほど あまりにも日本の漆芸のレベルが高く それが日本の名前になったのです。

輪島漆芸美術館では世界の漆や
沈金(ちんきん)螺鈿(らでん)拭き漆(ふきうるし)彫漆(ちょうしつ)堆朱(ついしゅ)蒟醤(きんま)日本独自の技法である蒔絵(まきえ)など様々な芸術品を拝見しました。

受付カウンター隣にミュージアムショップがあり 作家ものの漆器小物や刊行物等を購入することができます

以前から漆塗りの菜箸を探していたのでこのショップで探したところ
使えそうなものがありましたが、箸先が滑らないようにマットになっておりそのざらつきが気に入りません
 他の種類や様々な質問を
受付カウンターの女性にして尋ねましたところ
とても丁寧で親切 繊細そうでやさしくて おまけにきれいな方

展示してある漆芸よりもこの女性の方が素晴らしい

「輪島漆芸美術館の美」

と感じました。

ありがとう

ーーーーーーーーーーー
石川県輪島漆芸美術館
〒928-0063
石川県輪島市水守町(みともりまち)
           四十苅(しじゅうかり)11番地
TEL 0768-22-9788 FAX 0768-22-9789

|

« 桜にさそわれ能登へ 6 | トップページ | 桜にさそわれ能登へ 8 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜にさそわれ能登へ 7:

« 桜にさそわれ能登へ 6 | トップページ | 桜にさそわれ能登へ 8 »