« 倉吉の圭ちゃん31 雪かき | トップページ | 桜にさそわれ能登へ 9 金沢へ »

2011年5月11日 (水)

倉吉の圭ちゃん32 雪かき2

集めた雪を少しずつ小川に流していると
川上からもどんどん流れてくる
 
みんな日が暮れるまでに雪かきをしてるのだろう
 
夜にまた雪が降るかもしれないし
凍結するかもしれないから
 
次々流れてくる雪が引っかかっている
その引っかかった所に また引っかかって
ちょっとしたダムになった

ダムはある程度水がたまると
真ん中あたりから崩れ
水が流れはじめた
 
 
せっかくなので
集めた雪でダムを補強する事にした
 
雪でダムを高くするのだが
水はどんどん流れてくるので
すぐに乗り越えて
乗り越えると一気にダムを崩してゆく
 
水との戦いなのだ
 
負けじと僕も一気に雪を入れ
水路の上まで雪を入れて
水が止まっている間に
ダムを補強した
 
完全に水を止める事ができた
 
しかしどんどん水位が上がってくる
 
ダムの補強は万全だが…
 
ついに水が水路の上までやってきて
そして水路から道路に水があふれでた
 
凄いぞダム
やったぜダム
 
とても誇らしかった
 
しばしその様子を見ていたら
近所や通りすがりの大人が
「雪が詰まってるよ」
と言いにきた
 
どうも大人には受け入れられないようだ
 
まぁ 今思うと 
水路から水があふれ出し
道路が水浸しになっていたら迷惑な話しである
 
仕方なくダムを崩す事にした
 
少しずつ壊したのではつまらないから
一気に壊した
 
凄い勢いで流れて行く
水の圧力であっと言う間にダムは崩壊した
 
『あ~あ 終わっちゃった』
 
 
続く

|

« 倉吉の圭ちゃん31 雪かき | トップページ | 桜にさそわれ能登へ 9 金沢へ »

倉吉の圭ちゃん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倉吉の圭ちゃん32 雪かき2:

« 倉吉の圭ちゃん31 雪かき | トップページ | 桜にさそわれ能登へ 9 金沢へ »