« 桜にさそわれ能登へ 13 「21世紀美術館」 | トップページ | 倉吉の圭ちゃん36 家の記憶3 »

2011年5月26日 (木)

桜にさそわれ能登へ 14 「ル ミュゼ ド アッシュ」1

休館の21世紀美術館の後 傘をさして石川県立美術館へ行きました

ここも休館でしたが
玄関から中に入っていくと館内の正面に なんと カフェ ル ミュゼ ド アッシュがあり 営業していました

様々な美術館で喫茶店や茶席など併設しているところも多いのですが、入り口の正面にあるというのは初めてです

石川県立美術館のメインが 「ル ミュゼ ド アッシュ」という感じです

展示は休館でしたから何ともいえませんがメインに「ル ミュゼ ド アッシュ」を持ってきたと言うことは

展示品はサブとなりますから展示品には特別素晴らしいものは少ないのかな… と ふと思ってしまいました。


又は「ル ミュゼ ド アッシュ」が美術品と比べても とても優れている ?

それにしても辻口博啓氏はすごいですね

テレビなどによく出演されていますが、ネットでもう少し検索してみました

経歴
1967年 石川県七尾市 生まれ

1990年 「全国洋菓子技術コンクール」 優勝

1992年 「50周年記念全国洋菓子コンクール」 総合優勝

1993年 「東日本洋菓子コンクール マジパン部門」 優勝

1994年 「コンクール・シャルル・プルースト」 銀メダル受賞

1995年 「クープ・ド・フランス インターナショナル杯」 優勝

1996年 「ジャンマリーシブナレル杯」 3位受賞

1996年 「ソペクサ(仏大使館主催仏食材を使ったプロの為の仏菓子コンクール)」優勝

1997年 「クープ・ド・モンド(ワールドカップ)」 個人優勝
開店準備の為,半年間、南仏の「パティスリー・ベルタン」へ。

1999年 フジテレビ「料理の鉄人」でパティシエ初の優勝

2000年 ガストロノミックの会モンタニエよりシュバリエを受賞
料理オリンピック イタリア代表としてドイツに招かれる。
これによりイタリア鉄人協会会員となる。

2002年 「ヘーゼルナッツ国際大会」 総合優勝

 23才で「全国洋菓子技術コンクール」 優勝も素晴らしいものですがその後の経歴もすごい

次々と賞を取り続けるすばらしさ

店は
1998年 自由が丘に「モンサンクレール」オープン。
シェフパティシエに。

2002年 自由が丘に「自由が丘ロール屋」オープン

2003年 六本木ヒルズに「ル ショコラ ドゥ アッシュ」オープン

2004年 玉川高島屋に「和楽紅屋」オープン

2005年 世田谷区駒沢公園近隣にブーランジェリー・パティスリー「マリアージュ ドゥ ファリーヌ」、コンフィチュール専門店「コンフィチュール アッシュ」オープン
2005年 品川駅構内 ecute品川に「和楽紅屋」オープン

2006年 石川県和倉温泉 辻口博啓美術館「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」開館

2007年 名古屋に「フォルテシモ アッシュ」オープン
その後も各所にオープン
来週にも又オープンと 店舗展開も凄い。

商売人ですね。
すごい。

|

« 桜にさそわれ能登へ 13 「21世紀美術館」 | トップページ | 倉吉の圭ちゃん36 家の記憶3 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜にさそわれ能登へ 14 「ル ミュゼ ド アッシュ」1:

« 桜にさそわれ能登へ 13 「21世紀美術館」 | トップページ | 倉吉の圭ちゃん36 家の記憶3 »