« 倉吉の圭ちゃん27 豆腐屋さん | トップページ | 桜にさそわれ能登へ 1 »

2011年4月25日 (月)

1200kmの旅 8 直島1

フェリーで直島に着きました

直島では2泊して島中の美術品をゆっくりと鑑賞する計画です。
ベネッセハウスに泊まることが今回の1200Kmの旅の目的でもありました。
そして、ベネッセハウスの予約が取れた日を中心に旅程を組みました。


直島 最初の一泊目は夜になってからの直島到着であり、お風呂は「直島銭湯 『I♥湯』(アイラブ湯)」に入る予定で 後は地元の居酒屋で魚などを食べる予定でしたので『I♥湯』から100mほど離れたところにある小さな民宿のような安旅館をとり、宿泊コストを抑えました。

宿に荷物を置きタオルを持って『I♥湯』へ


20110425_12521

20110425_12535

これが銭湯だとはだれも思わないでしょう 下の写真が入り口正面です。

(これも芸術作品ということで もしかすると 写真撮影はダメかもしれませんが、もし、そうならごめんなさい。でも家の外観だし?)

直島銭湯 『I♥湯』(アイラブ湯)
入湯料¥500(直島島民は¥300)
アーティスト・大竹伸朗が手がける実際に入浴できる美術施設で アートな銭湯です。この銭湯は直島島民の憩いの場所として、また、国内外から訪れるお客様との交流の場としてつくられました。外観・内装はもちろん、浴槽、風呂絵、モザイク画、トイレの陶器にいたるまで大竹伸朗の世界が反映されています。
外観も奇抜ですが銭湯の中はさらにエキゾチック 浴槽の上 天井には 大きな象がいます それはとてもエッチな象  大きな女性器がドンとついている。そこかしこに面白いデザインがあります。 お風呂セットもいいデザインでボディソープはローズの香り タオルはハートマーク などキッチュなおもしろさです

|

« 倉吉の圭ちゃん27 豆腐屋さん | トップページ | 桜にさそわれ能登へ 1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1200kmの旅 8 直島1:

« 倉吉の圭ちゃん27 豆腐屋さん | トップページ | 桜にさそわれ能登へ 1 »