« 活きるということ 自戒 | トップページ | コント・ペラルディ・アジャクシオ とても良い味わい »

2010年12月27日 (月)

クリスマス・ディナー

 クリスマスディナーの一カ所として、本年もまた、愛知県稲沢市の大乗へ行きました。
毎年この時期には必ずお伺いするとてもアットホームで気取らずに美味しいフランス料理が食べられるレストランです。

シェフに電話をいれて23日に予約をいたしましたが、愛知県の立田村で捕れる良い鴨が入るということで、それをお願いしました。
 立田村は今は愛知県の愛西市に属していますが、木曽川と長良川が流れています。河口近くでそこに飛来する鴨をねらってこの時期捕ったものでしょう。

もう一つオ、私の定番の料理「マダムタナカ」も作って頂く様にお願いしました。

 当日、ささやかなクリスマスプレゼントを用意して、大乗へうかがいましたが、
シェフはご主人共々とてもお元気で、お会いすることが出来ました。

 4テーブルのこじんまりとした店内で、何時もだいたい同じ場所に餡愛されるのですが、今回の席は何時もの場所ではなく向かって左側でした。

Photo

写真は今回の席から撮った店内ですが、今映っている左側が何時も座っている席です。

|

« 活きるということ 自戒 | トップページ | コント・ペラルディ・アジャクシオ とても良い味わい »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス・ディナー:

« 活きるということ 自戒 | トップページ | コント・ペラルディ・アジャクシオ とても良い味わい »