« 倉吉の酒が世界で認められたという 1 | トップページ | 倉吉の酒の杜氏 1 »

2010年10月 1日 (金)

倉吉の酒が世界で認められたという 続き 2

 山陰の鳥取 島根は良い酒が多く、あまりはずれのない地方です。
 この山陰の旨い酒を造っている杜氏は出雲杜氏系が中心です。
淡麗辛口の越後杜氏(新潟県中心)とは違い、出雲杜氏系(島根・鳥取中心)は南部杜氏系(岩手県を中心の東北)と似ており、どちらも旨味の酒です。

 島根県出雲と東北岩手県南部地方は遠く離れていますが、方言イントネーションがとても近い ズーズー弁です。遙かなる先祖が一緒の系統で共通の古日本人 縄文人だと思います。

 出雲杜氏系と南部杜氏系の酒の味が近いというのはこの関係ではないかと思います。

 三朝の藤井酒造の 「白狼」は古酒ですが古酒はとても難しい酒です。
古酒は、生[酉元]造り(きもとつくり)か、山廃造りというような大変な労力のいる昔からの醸造方法によるものではないと良い物が造れないようです。
今迄 古酒を飲んだ経験からみますとその10%くらいしか良い物はありませんでした。

 古酒は長い間の貯蔵で、まったりとしてきます。 そして老ね香 老ね味が出ますが、これも特徴です。その出方も様々で
造りがあまり良くなく保存状態も悪いと 少し濁ったような濃い茶色になって嫌味な味わいや、荒い味、ひどいときは臭くて飲めません。

 造りがしっかりとしていて保存が丁寧ですと透明感のあるごく薄い琥珀色〜琥珀色で、まったりとした中に様々な味わいを含み飲んだ後の余韻は爽やかです。


 私は古酒としては上品さのあるすっきりとしたシェリー酒のようなものか、濃厚でありながら余韻のさわやかなものが良いと思っています。

今、私の手持ちの日本酒の古酒は、20年以上の大古酒が2本あります。偶然2本とも福島県の物となりましたが、全く違うタイプの味ですが、どちらもとても旨い酒です。

喜多の華 貴醸酒原酒 二十三年 超古酒   福島県 会津喜多方 喜多の華酒造
驚愕の古酒  1985年醸造 超古酒  貴醸酒でありながら超古酒という もうお目にかかれないお酒
仕込米 トヨニシキ 精米65% 日本酒度-50 アルコール度数17
赤ワインのロゼのような色 味わいは日本酒古酒と赤ワインにアイスワインを足したたような味わいで、
まったりまったりとしたとても濃厚で甘い杏で作った様な上品な年代物の紹興酒のような複雑な味わいで本当に旨い。
しっかりとした味で飲んだ後の余韻はきれいで仲々いい感じ

貴醸酒とは酒で酒を仕込んだお酒のことです。
普通お酒の甘みの成分といえばブドウ糖ですが貴醸酒の甘み成分は貴腐ワインと同じグリセリンが
含まれています。だから ビロードのように濃密で上品な甘みを堪能できます。

純米大古酒「元祖(おおもと)」 1987年謹製  福島県 西白河郡 東村  有賀醸造
1987年物の純米酒常温熟成古酒  アルコール度数17-18
普通日本酒は冷蔵保存ですが、これは20年もの間、常温で保存されていたという凄いものです
古酒として一般的に売られているものはヒネ香ヒネ味が出て悪酒になったものが多く、酒に力がないと
タダの老ね酒ヒネザケ(悪い酒)になってしまっているものが多い中で、
これは20年もの古酒で更にそれが常温で保存されていながらあまりヒネていません。
よほど造りがしっかりしていたのでしょう。
22年もの間常温保存すると濃いめの琥珀色などになりそうなのですが、これは薄く、シェリー酒や薄めのウイスキー水割りくらいの色しかありません。
味はで老ね香も柔らかくシェリー酒と青リンゴを合わせた様な味わいに酸味がきいた辛口です。
長年日本酒と付き合っていますが、こんなに古い酒でこれほどきれいな酒は初めてです。

|

« 倉吉の酒が世界で認められたという 1 | トップページ | 倉吉の酒の杜氏 1 »

倉吉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倉吉の酒が世界で認められたという 続き 2:

« 倉吉の酒が世界で認められたという 1 | トップページ | 倉吉の酒の杜氏 1 »