« 栗きんとん  第七回('09年)中津川市 恵那市 栗きんとん評価① | トップページ | 栗きんとん  第七回('09年)中津川市 恵那市 栗きんとん評価③ »

2010年3月16日 (火)

栗きんとん  第七回('09年)中津川市 恵那市 栗きんとん評価②

まず、評価方法から述べます。

 同じ日に2〜3軒をまわり一軒当たり2〜3個購入し、その日の内に試食します。
その日の内に食べないと味が大きく変わるからです。
 作った当日はしっとりとしていますが翌日ではやや乾燥気味になり香りも弱くなり味が変わってしまいますから、同じ条件での食べ比べをしないと評価が出来ません。
 また、冷蔵庫で保存して販売しているお店の場合は、冷えていると締まってしまい食感も悪く、味も押さえられるため、常温で30分以上放置して温度が戻ってから試食します。

 (皆様もこの地方の栗きんとんを購入されたときは常温に戻してから食べてください。そんなに変わらないだろうと思われる方は一度同じ店の物で常温と冷やした物を食べ比べてみてください。その違いがハッキリと分かりますよ。)

 一個だけではその店の味は分かるが食べ比べるには足りないため最低2個は食べます。
お茶を飲みながら一口食べ次の店のものを一口食べその繰り返しで味比べをします。
 この為3軒から栗きんとんを買った日などは6個食べることになります。
  「よくそんなに沢山食べれるなあ」と思われるかもしれませんが、余分な味もなくあっさりとしているためそれ位なら食べられます。

 食べ比べて勝ち残った方を後日また別の店の栗きんとんと食べ比べるという方法で一番を決め、徐々に良いものを絞っていきます。この為一番になったお店の栗きんとんは最後までに通算10個以上食べることになります。
 先ほど書きましたが、同じ店でも走りの頃と栗の熟す10月後半頃、晩期と色も味も香りも大きく変わりますから、この為栗きんとんを食べ比べていく中で落選したものでも気になる店の物は再度購入して試食し再評価します。
 だから秋には本当に沢山の栗きんとんを食べることになりますがこの食べ比べが結構おもしろい遊びになります。

 2009年の評価を書く前に、過去の順位を振り返ってみます。
  詳細は 各年度の栗きんとん評価を見てください。


2004年栗きんとんの評価
  1位 恵那 菊水堂

2005年栗きんとんの評価
2005年は中津川も含めて12店舗調査実施
  1位 恵那川上屋
  2位 恵那 菊水堂

2006年栗きんとんの評価
  (個店別の詳細は2007年01月17日MIXI「2006年 栗きんとん 評価」参照)
  今回はどの店からも数個余分に買って一日置いて2日目の変化も調べました。
調査店舗 2006年は忙しくて恵那中心の7店舗となってしまいました。
(恵那) えな寿や 菊水堂 恵那川上や  良平堂   菓舗ひとつばたご
(岩村)松浦軒本店
(中津川) 信玄堂 

1位は味にも乾燥にも十分気を遣っている総合力で菊水堂でした。

2位 恵那川上屋  2005年は1位で健闘しているが総合力で2位。

3位 松浦軒   他と違い渋をうまく生かしており仲々よかった。 渋皮が点々と少しはいっている。 この為微かに渋みを感じるが、栗の甘さと渋みがほどよく絡み合い大人の栗きんとんとなっている。 番茶によく合いそうな栗きんとんであった。

4位 えな寿や

5位 信玄堂  199円 栗 砂糖 26g  包装は裏にナイロンコーティングした和紙

|

« 栗きんとん  第七回('09年)中津川市 恵那市 栗きんとん評価① | トップページ | 栗きんとん  第七回('09年)中津川市 恵那市 栗きんとん評価③ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栗きんとん  第七回('09年)中津川市 恵那市 栗きんとん評価②:

« 栗きんとん  第七回('09年)中津川市 恵那市 栗きんとん評価① | トップページ | 栗きんとん  第七回('09年)中津川市 恵那市 栗きんとん評価③ »