« 蕎麦処桔梗  2  (多治見市笠原町)2009/12/21 | トップページ | 大乗(クリスマスディナー) 2 »

2009年12月29日 (火)

大乗(クリスマスディナー) 1

 2009年クリスマスディナーは何にしようかと考え
今年もまた、フランス料理を食べに隠れた銘店、稲沢市の大乗へ行くことにしました。

 近くを歩いても見過ごしてしまいそうな小さな洋食屋さんです。
シェフとご主人の二人でやっておられる小さなあたたかいお店。テーブルが4とカウンターの小さな洋食屋さんです。 
 マダムがシェフでフランスで修行されています。 気取らないで本物の美味しいフランス料理が頂けます。

 大乗はラタトゥイユなどの野菜料理もすごくおいしいお店です。野菜ものが気取らない味付けでとてもおいしく、いつも2種類くらい頼みます。煮物中心ですから、その場で頼んでも煮込めないのでいつも数日前にお願いしています。

 手作りパンも私のお気に入りです。

大乗はもう十五年くらい前からの私のお気に入りの店です。

今年大乗さんにとってとてもおめでたいことがありました。長年美味しい料理を造り続けらた貢献を認められて、この秋に愛知県優秀技能者表彰を調理人として受けられました。愛知県優秀技能者表彰では男性ばかりですが、女性ではデザイナーの方とかを入れて4名だそうです。おめでとうございます。


 食事に行きたいときはいつも事前にシェフに電話を入れ、食べたい料理の打ち合わせを行います。

シェフに今日は何が食べたいか尋ねられ、
今回は野菜料理は2種類。ラタトゥイユとマダムタナカをお願いしました。

マダムタナカはシェフがフランスで修行中に創作された料理です。とても可愛くて美味しいので、フランス観光局から「マダム・タナカ」とシェフの名前が付けられたお墨付きの料理です。
「マダム・タナカ」はプチ・ロールキャベツで、普通のロールキャベツからは想像が出来ない「可愛さ」と「品」があります。
 この「マダム・タナカ」は、いつでもあるわけではなく作るのに数日かかるため、これを食べるには数日前に確認か予約が必要です。

 パイ料理もとてもおいしいので、今回もお願いしました。
いつもは蟹のパイ包みですが、今回は茸のパイが良いというのでそちらにしました。

さて、メインディッシュですが、ビーフや舌平目などもありますが、今回は天然物の鴨が手に入りそうだというので、それを予約することにしました。今回は岐阜県立田村から捕れたジビエ料理がメインディッシュです。  
 この電話の時は、まだ鴨が捕れていないので大きさが分かりませんが、あまり大きいとどんなに美味しくてもそれだけでお腹いっぱいになってしまい、他にも美味しいものがあるのに食べられなくなりそうで心配です。

 予約を6時に入れておき、食事がもっと美味しくなるように事前に温泉に行ってお腹を空かせ、のんびり暖まってから行くことにしました。

 私の温泉の入り方ですが、いつも本を持っていきます。
 本にはナイロンのカバーをして頭に乾いたタオルを乗せて露天風呂に半身浸かりながらのんびりと一時間ほど読みます。

 内風呂だと湯気で本もふやけやすいし、自分も長く入っていられないので必ず露天風呂のある温泉へ行きます。


   次回は大乗に到着してからの美味しいお料理について、

|

« 蕎麦処桔梗  2  (多治見市笠原町)2009/12/21 | トップページ | 大乗(クリスマスディナー) 2 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大乗(クリスマスディナー) 1:

« 蕎麦処桔梗  2  (多治見市笠原町)2009/12/21 | トップページ | 大乗(クリスマスディナー) 2 »