« 美味しい中華25 | トップページ | 紅葉の天竜下り »

2009年11月22日 (日)

初めての蕎麦

 紅葉の真っ盛り 天竜川の川下りへ出かけました。
到着したのは11時頃、少し早いのですが先に昼食を済ましてしまおう思い、美味しい店を探しましたが、特に味で有名な店は近くにはないようでした。 
 信州は日本で一番手打ち蕎麦屋の多い所です。美味しい店からそうでない店までありますが、手打ちそばで極端に下手な店や、不味い店は無いと思います。
 そこで、観光センターで美味しい蕎麦屋を尋ねました。「すぐ目の前にも蕎麦屋はあるけど、あの蕎麦屋は美味しいよ」と、一軒の蕎麦屋を教えていただきました。

 天竜峡の散策路の方にその店はあるとの事で、期待して尋ねました。店は超満員でした。この為、注文を取るのも忙しく、注文も中々取りに来てくれません。
地元産の蕎麦粉を使用しているとのことで、忙しい店は美味しいはずと、じっくり待ちました。
さて、お待ちかね、これがその店の蕎麦です。
Photo


 いかがですか、
プロは全て均一に切ります。太さが異なるとそれぞれの湯がき時間が異なるため伸びたものとまだ火の通っていないものが出来てしまうからです。
こんどは、初めて蕎麦を切った人の場合、蕎麦打ち教室などでよく見ていますと、太さはバラバラでも太くなり、細くはどうしても切れません。

では、この写真はどうでしょう
蕎麦の厚さは一定だが、幅が1mm、2mm、3mm、4mm、6mmなどいろいろな幅があります。
 初めて蕎麦を打つ素人では出来ない芸当です。どうすればこれだけランダムに切ることが可能なのでしょうか。
 日本全国で何十軒もの店で蕎麦を食べていますが、こんなにバラエティな幅の蕎麦に遭遇したのは初めてです。

 当然、蕎麦粉100%の生粉打ではなく、繋ぎが入っており二八か2.5割入ったものでした。

腰はありましたが、味は、もう皆様もおわかりと思いますが、

 やはり伸びてしまっているところと丁度の所があります。
お金を取って食べさせる蕎麦ではないと思いました。

とてもバラエティな幅に切ってある初めて遭遇した「初めての蕎麦」でした。

|

« 美味しい中華25 | トップページ | 紅葉の天竜下り »

蕎麦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めての蕎麦:

« 美味しい中華25 | トップページ | 紅葉の天竜下り »