« 美味しい中華15 | トップページ | 美味しい中華17 »

2009年8月16日 (日)

美味しい中華16

美味しい中華料理③

鶏料理の続きです。初めて見た人はレストランで粘土の塊が出てきてとてもビックリします。
この特別な料理は「乞食鳥(こじきどり)」

 腹に数種類の薬草を詰めた一羽の鶏を蓮の葉にくるみ 粘土を表面に塗り、まるくかためたものを焼いたもので、
そのまま皿に載って出てきます。
 それを木槌でコンコンと叩いて割りますが、けっこう固くて力が入ります。店により堅さが違いますが、硬いものを出す店のもには力の弱い女性では力一杯叩いても割れないものもあります。

 思いっきり木槌で叩いて割れた瞬間 薬草と蓮の葉と鶏の香りが中の蒸気と共に一気に漂います。

 完全な密閉状態で焼かれた肉は軟らかく、薬草の香りが染みこみ、表現が出来ない旨味。

 最初出された焼いた粘土の塊の驚きと、中の食材の旨さ。さすが食の国の食べ物だと思います。

 乞食鳥が出来た逸話があります。

乞食が鶏を盗んで逃げました。追っ手が来るので慌てて土の中に鶏を埋め、その上でたき火をして追っ手をごまかしたそうです。後で掘り起こしてみるととてもうまい蒸し鶏になっていたという話です。 

 北京楼パッケンラウ (Peking Garden)など北京料理店で食べられます。
「北京楼」
香港最大のグルメ・レストラン・チェーン「マキシムズ・グループ(美心集團)」が経営する高級北京料理店です、
 Excelsior Plaza EastPoint Rd.
 地下鉄 銅鑼灣 下車です。

|

« 美味しい中華15 | トップページ | 美味しい中華17 »

食 (海外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美味しい中華16:

« 美味しい中華15 | トップページ | 美味しい中華17 »