« 美味しいものと美しい景色を求めて(1) 丹波から丹後半島 | トップページ | 美味しいものと美しい景色を求めて(2)美しい海岸線の旅 丹後から 山陰海岸 因幡路 »

2008年11月15日 (土)

今回旅行する丹後天橋立大江山国定公園と山陰海岸国立公園の概要

今回は海岸線をずっと走っていきますがどこもすばらしく、きれいなところばかりです。
その概要を書きます。

丹後天橋立大江山国定公園
現在日本で最も新しい国定公園として平成19年8月3日に誕生。
丹後半島の「海岸と美しい海」、半島中央の「高原と多様な自然」、大江山を中心とした「連峰と雄大な景観」。変化に富んだ表情豊かな公園です。日本海に面した丹後半島沿岸では、日本三景のひとつ天橋立や 伊根の舟屋群、鳴き砂で知られる琴引浜などがある。内陸部の世屋高原には近畿有数のブナ林が広がり、大江山は鬼伝説で知られる。

山陰海岸国立公園
奥丹後半島基部の京都府網野海岸から鳥取砂丘まで75kmにわたり、変化に富んだ海岸地形を持つ公園で、昭和38年に国定公園から昇格指定された。
東から京都府の久美浜(くみはま)湾、兵庫県円山(まるやま)川下流部の城崎(きのさき)温泉と玄武洞、竹野、香住(かすみ)、浜坂海岸、鳥取県の浦富(うらどめ)海岸を経て鳥取砂丘に至る。

|

« 美味しいものと美しい景色を求めて(1) 丹波から丹後半島 | トップページ | 美味しいものと美しい景色を求めて(2)美しい海岸線の旅 丹後から 山陰海岸 因幡路 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今回旅行する丹後天橋立大江山国定公園と山陰海岸国立公園の概要:

« 美味しいものと美しい景色を求めて(1) 丹波から丹後半島 | トップページ | 美味しいものと美しい景色を求めて(2)美しい海岸線の旅 丹後から 山陰海岸 因幡路 »