« 内蔵が溶ける苦しみ 21世紀のペスト『H5N1型』 | トップページ | 蕎麦の塩梅 »

2008年5月23日 (金)

スリップウエア

Cimg2143バーナードリーチと浜田庄司が、本場のイギリスでも忘れられようとしていた ものを再発見し日本にもたらしたスリップウエア


他の陶器とは異なる作り方であり、まだ私には作ることは出来ないが、ドッシリとしていて暖かみがあり上に気の利いた果物などを載せたくなる。
 私はスリップウエアがとても好きである。

(画像はクリックで拡大します。)この中では右側の作品が好きです。

このスリップウエアを今日本で作られている第一人者の作家が 柴田雅章氏
一度丹波のお宅へお邪魔したことがあるが、スリップウエアは制作にも時間がかかり、あまりにも人気で先生のお宅には在庫が少なく少ししか拝見出来なかったのがとても残念であった。

倉吉出身で父吉田たすくの同級生であった丹波立杭の陶芸家 故 生田和孝先生に師事し、
現在は丹波篠山町で作陶。
国画会会員 大阪日本民芸館理事・展示主任でもある

その柴田雅章氏の個展の案内状が来た。
08/5/23(金)ー6/1(日)
名古屋市 昭和区 滝川町 47-153
アートサロン 光玄

地下鉄いりなか駅と八事駅 やごとハウジングセンターの前 

出来たら来週にいってみようと思う。

|

« 内蔵が溶ける苦しみ 21世紀のペスト『H5N1型』 | トップページ | 蕎麦の塩梅 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

>倉吉出身で父吉田たすく

とありますが、

このブログはどなたが?

投稿: 「倉吉生活」トットリ情報局・『てんか1ぴん』 | 2010年5月18日 (火) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513695/41294065

この記事へのトラックバック一覧です: スリップウエア:

« 内蔵が溶ける苦しみ 21世紀のペスト『H5N1型』 | トップページ | 蕎麦の塩梅 »