2018年6月20日 (水)

「目に優しく 特に、肌に身体に優しく 守ってくれる」本来のシルク

養蚕の歴史は約5千年もありますが、どんな生物の中でも

一番古く4500年もの間 人間が品種改良し続けた生物です。

自然の中で育った野蚕は羽があり飛ぶ事もでき、色つきの

糸を出しますが、蚕農家で飼育されている蚕は白糸を取る

為に品種改良され過ぎて、成虫になると口が無く、飛ぶ事

もできません。

 
20180620_10259

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとアンニュイなお昼には

ちょっとアンニュイなお昼には

ランチもゆったり

赤ワインで

メゾン・ド・ジャルダン

 

20180620_10027

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

坂折棚田  田の神祭り

何十年振りに浴衣を着て、恵那市の坂折棚田の 田の神祭りへ行き、提灯行列に参加してきました。
とてもほのぼのとした温かさが溢れ、
田の神様や自然に合掌したくなる気持ち良いお祭りでした。






20180605_223530



» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花の色はうつりにけりないたずらに

里の藤は終わり、深山まで行かねば見れなくなりました。
ヤマツツジも満開を過ぎて次の花へと移行途中
皐月が咲き始め、ズイナやヒトツバタゴの白い花が今は満開。

道端には、白や薄いピンクのハルジオン、黄色い金鷄菊が風にそよいでいます。
足下には 濃い紫のすみれ

一部の場所でもう月見草が咲いていました。(いくらなんでも早すぎる。)

20180605_222350

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

今週の生花

恵那の今を感じていただく料理「恵那の野山の蕎麦懐石」を、ただ一組四名の大切なお客様のために作っていますが、
飾る花も毎回この一組のお客様に「今の恵那」を感じていただきたくて、野山へ出かけて自然の中から少しだけいただいて活けています。

 
20180603_12744

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜の子供達

今 岐阜県の恵那では、
桜の木にいっぱいの実がなっています。

 
20180603_12326

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山下清の写真

とても珍しい写真が出てきました。

 「裸の大将」「放浪画家」などと世の人々から親しまれ映画にもなった貼り絵作家の山下清の写真で、はっきりと分かるとても貴重な製作風景写真です。

 20180603_11912

山下清が四角い板の様な物に描いていますが、これはリトグラフで、石板に描いてるところです。
山下清初のリトグラフです。
これを伊藤のこの部屋で倉吉市の山本印刷の社長が教え、初めて製作った
特別の写真です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

究極の日本一超粗挽き十割熟成蕎麦

そばを挽く時に、粒子をあまり細かくならないように大きく挽いたものほど蕎麦本来の旨み、甘味が出てきます。
しかし、粒子が大きくなればなるほど打ちにくく、繋がりにくく難しくなります。
この為、十割蕎麦のお店の多くは50〜100メッシュ(0.3mm〜0.15mm)の粒子の細かいものを使い、それより大きな粒子のものはあまり使いません。

 
20180518_02626

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

名古屋骨董祭

名古屋骨董祭へ行ってきました。
東海地方最大の骨董市であり、毎年毎回来ているが、今日は特に祝日のためか従来より客数多い。

例年この時期の骨董祭では夏に向かいアンティークグラスなどが増える傾向にある。

20180515_135948

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

濡れ落ち葉

濡れ落ち葉

朽ちるまで

発見され通報され

粗大ゴミ

 

20180515_134748

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

違和感のある派手な花 花桃

桜が散り、木に白ピンク赤の三色のキレイに派手な花が咲いています。

日本の淡い優しいはずの自然にはちょっと派手すぎるかなっと思う色。
よく見ると花桃です。

 

遠くで眺めても花の感じも何かちょっと日本らしさが何かちょっと無く違和感がある。

日本の優しい色合いが特徴の自然に溶け込んでこないのです。何故?

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モネ それからの100年』  名古屋市美術館

モネが睡蓮を書き始めてから約100年

モネの睡蓮とそれからのインスピレーション 影響などを受けた現代アートの展覧会

 

20180515_133954

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

山笑ふ

山笑ふ

空に藤
ふもとにつつじ
彼方には

若葉萌えきて
山笑う
周之介



» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「私の好きな民芸」全9回第5回「鳥取 焼き物」

NHK Eテレ 趣味 どき!9:30〜55の25分の番組
今やっているのは9回シリーズで

「私の好きな民芸」全9回の 第5回「鳥取 焼き物」


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

手織物のわかりやすい技法書

初心者からプロ迄 手織物のわかりやすい技法書

『図説 紬と絣の手織技法入門』吉田たすく著 
初版はオークションなどで1万円以上していましたが、こ

れが2016年4月23日復刊販売されました。

読まれた方、皆がとてもわかりやすいと、再版を待ち望んでいた父の力作です。

 
20180501_154649
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月19日 (木)

桜香る茶

淡く咲き
 はかなき色は
    山桜

名残の想い
 味にしたため

 

20180419_04039

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の余波の桜餅

風さそう

  紅の想いの
   ひとひらは
 
春の名残の
  恋心

    周之介
…………………
 

おいしい桜餅で 桜の思いを お抹茶で

20180419_02938

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花に遊ぶ

春の野に

  散りゆく花と
    戯れて

20180419_02050
 
そのひとひらに
    遊ばれる
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜茶

20180419_01326

 散り急ぐ

  花ひとひらと

    集めきて

   春の想いの

    桜茶残し

…………………

 

20180419_01343


咲いている花を摘むのは可愛そう、
散ったひとひら ひとひらと
拾い集めてお茶作りをいたしました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

ナルキッソス

水仙も

 ナルシスになる
    オシャレ犬
 
20180415_11242

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«花の季節