2018年1月18日 (木)

1月12日 広辞苑第6版の発売

1月12日 広辞苑第6版の発売だとニュースで放送していた。

 
20180118_132328

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄瀬戸 三法杯

拙作 黄瀬戸 三法杯 「智慧」 「愛」「力」

 
20180118_132032

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄瀬戸 猪口

拙作 黄瀬戸 猪口
磁器の様にあまりにも薄く作り 薄すぎるところに金継ぎを入れて完成させました。

20180118_131632

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天目猪口

拙作 黒天目猪口
陶器ですが磁器の様に薄造りに仕上げました。

 
20180118_131330

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

名古屋 料亭 河文  `18/1/10

 高級料亭に行くと建物も造作も良いものを使っていて、楽しくじっくり見てしまいます。

そして案内される各部屋毎に造作も床の間も違い、当然調度品も異なり、更に季節ごとに軸や花なども変わり、 全ての部屋を拝見したいといつも思いますが、客がいるので全ての部屋を拝見する機会などありません。

 

それが、今回は登録有形文化財の指定も受けている建物の各部屋を周り、料理から器まで見て、説明 していただけるという企画があり、参加してきました。

 

Img_5671

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

ひめゆりの塔

ななとせも
 待てどかへらぬ
  いとしごの
 
女神のつばさ
 つけてくだれる

沖縄県糸満市字伊原の戦跡公園内にある
沖縄戦で倒れた少女たちをみちびく天使像
「姫百合の女神像」を組み込んだ「ひめゆり学徒隊の慰霊塔」の記念葉書です。

20180106_231322

 

20171226_10747

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

日登美美術館

2017年晩秋、

リーチに会いたくて滋賀県の東近江まで出向きました。

Img_3707

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年正月二日 初仕事

これからの人生を思いながら

土を捏ね手びねりで

「お餅のように柔らかく
キリッと鋭い刃(やいば)のように活きたい」

と、思いながら
御抹茶碗とぐい呑を各一客ひねりました。

Img_5385

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火)

鳥取たくみ割烹 記憶の扉の奥にあったお話

記憶の扉の奥にあったお話

元旦早々とても懐かしいニュース!

山陰の地方紙 日本海新聞に載った記事。
同じ鳥取出身の友人が記事を送ってくれました。
しゃぶしゃぶのルーツとされるのが鳥取のたくみ割烹のすすぎ鍋。

 

Img_5313

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戌年 我々4匹の世界です

戌年
我々4匹の世界です

前にいる マメ・レミ・ルネを後ろにいてお母さんのニコが見守っています。 
Img_5294

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリエント急行殺人事件

お気に入りの、名古屋駅前ミッドランドスクエアのピエールマルコリーニへ行き、
チョコレートの濃厚なソフトショコラ を頂いて、
ほっと一息した後は
映画
「オリエント急行殺人事件」へ。

20180102_132657

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルフォンス・ミュシャ展

この年末26日、展覧会へ行こうと思ったが、いい展覧会は ほぼ24日で終了していて、良さそうなのはミュシャ位しかなかった。

松坂屋カードを見せると半額500円だった これにはビックリ。持ってきていて良かった。

Img_5056

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国料理 梨杏 名古屋駅マリオットアソシアH18階

26日の昼はメンバーのアテンドで飲茶へ

今日のランチは
名古屋駅の上、マリオットアソシア ホテル18階 中国料理 梨杏 (リンカ)

Img_5053

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年の計は元旦にあり

一年の計は元旦にあり

過去は懐かしむもの
未来は自力で開くもの
何があろうとも進むしかありません

元旦のお日様も沈み
同じ頃にお月様が昇って来られました

20180102_103743

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

正月用に花を活けました

1F玄関用も2F玄関用も新しく焼き上がった花器の初お目見えです。

1F玄関は、お世話になった皆様がまっすぐに清楚で高貴、金運もあり健康で大きく羽ばたいて頂きたい想いで、私が今まで作った器で最大の横幅60cmもある両翼花器 「飛翔」を使いました。

20180101_20035

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます。

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

20180101_10348

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年越し蕎麦  打ち上がりました。

普段は「恵那の野山の蕎麦懐石」で限定四名様だけにコースのみで、料理と共に三種類の蕎麦をお出ししています。普段は麺棒一本で伸ばしますが、今日だけは、年に一回、蕎麦屋になります。

 本日はとても沢山打つので久しぶりに三本棒での蕎麦打ちです。

 今回の蕎麦は最高級品の
長野県八ヶ岳産 信濃1号
  石臼低回転挽き 超粗挽き 手打ち十割 太打ち蕎麦です。

 

Img_5262

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月31日 (日)

天目釉 乱れ掛 花器

天目釉に白萩釉掛け
W34×D34×H14cm

 

Img_4476

2016年8月製作の私の稚拙な花器だが、これも窯の状況で焼きが後回しになり一年後に釉薬を掛けて11月焼き上がり、一年半がかりの時間を超越した器です。
黒天目釉の上に白萩釉を掛けて
白萩の流れを期待したが、
出来上がりは白萩の流れが弱く天目釉の黒が全体を覆い強すぎた為、カシュー白振り流し加筆

釉薬は調合だけではなく、焼成温度や土の種類で全く変化するので全く予想が難しいおもしろい世界だ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

拙作花器 lotus 蓮華

先月作り 今月焼きあがった手びねりの花器

楕円に作り上げて口をランダムに作り、腰にヘラで大きく凹凸を付けていき 柔らかさを表現した。

サイズ
W26cm×D20cm×H16cm
丁度手頃なサイズの大きさです。

釉薬は織部釉。
もう少し深い色との混載を期待したが、
釉薬と焼き上がりの色については、微妙な釉薬の濃度と窯の温度、酸化・還元が絡んでいるのでこれをコントロールしようと思えばプロになるしかないから何ともしょうがないが、

今回は、まあこれで蓮の葉の感じが生まれた。

20171231_160609

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カフェ・ギャラリー・カバノ サイレント  クリスマス・ディナー

おいしさと
静かに 時間が
過ぎていく

窓の外に
粉雪が舞えばいいなっと
ささやかな期待をしながら

サイレント
クリスマス・ディナー

Img_4925

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«虎渓山 はおと