2017年11月13日 (月)

恵那市・中津川市 栗きんとん評価2017 第3回 優勝者

中津川市
今回チェックの中津川市15店舗中トレハロース入の3店舗
・中津川 川上屋
・満天星 一休
・柿の木

(お菓子を進物にする場合、美味しいか不味いか分からないものを人様へ上げるのは失礼だと思うので、私は必ず、ばら売りを買って試食して納得してから購入します。
ですからばら売りのできないものは購入しません。)

菓子祭りで1個売りをしていなかった
仁太郎・梅園・新杵堂の3店舗を除外。
15-3-3=
9店舗の試食して選んだのが
中津川すや・しん の2店舗でした。

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

嵐の前の ブラックゴールド

嵐の前の
 ブラックゴールド

    静かなる
      水の大地
 
20171109_04802

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵那市・中津川市 栗きんとん評価2017 第2回 恵那市

例年より大幅に手抜きです。 
中津川の時よりこちらの方がほんのちょっとだけ時間的に余裕があったので少し丁寧に書いてありますが、味については別で公平です。

今回は、恵那駅前の恵那テラスで「栗くらべ」という9店舗のものが一個づつ9個入りの箱詰めを購入。

 

20171109_01756

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

初冬の 昼下がり ちょっと遅めのランチ

暖かな
 初冬の
  昼下がり

20171107_04609

ちょっと遅めのランチには

ボサノバを聴きながら

紅葉色した
    赤ワイン

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界的テキスタイルデザイナー、新井淳一氏逝去

世界的テキスタイルデザイナー、新井淳一氏逝去
  懐かしい方がまた彼岸へ旅立たれました 合掌

新井氏とは30年ほど前、名古屋駅西 生活創庫APITAに出店していた妻の店「カパラ」で知り合いました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵那市・中津川市 栗きんとん評価2017 第1回 中津川市

岐阜県の東美濃地方は秋になると多くの家庭で栗きんとんが作られます。
そして大部分のお菓子屋さんでも秋は栗きんとんを販売しますが、家庭で作る口の超えた客相手にお菓子屋さんは栗きんとんを作らなければならないから大変です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

シェ・シバタ 2017年10月

ずいぶん前 まだ1店舗しかない頃、とても綺麗な味で美味しいケーキを作っていたが、有名になるに従い目先の派手さと甘さが増え、味の深みが減ってしまったので、食べなくなってから久しい。

ずいぶんと長い間たべてないが、味はどう変化しているかな?っと数年ぶりに訪問してみた。

 

20171028_234050

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと御酒を いただいた後は

ちょっと御酒を
いただいた後は
寛次郎でお抹茶

 
20171028_231913

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自宅の風景

雨の日の午後

自宅のインテリアも

何か寂しそう

 
2F 北側スポット
 
20171028_230245

| | コメント (0) | トラックバック (0)

可憐な野草

野草を観察する会で
恵那市郊外の三郷の野山を歩きました。

曇り空の中でしたが、とても可憐な白い花を見つけました。

 

20171028_230011

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神無月の生花

例によって、当日包みを開くまで分からない花材。
自由花 さて、今日の花材は

 
20171028_225448

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そば酒房 やまびこ(恵那市中野方町)2017/10/12

恵那市で手打ちそばで酒房を発見
そば酒房 やまびこ

恵那市街から山間部へ車で30分  坂折千枚田を見て、中野方町街を過ぎ、峠の先近く、ゆったりと山と田圃に囲まれた所にあった。

 Img_2086

Img_2089

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

多治見市 虎渓山 はおと

苔を眺めて
   ゆったりと

生き生きとした
   その緑


       雨の日にこそ
          至高なり

 

20171024_02705

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

72回新匠工芸会展 吉田公之介の快挙

とても嬉しいことがありました。

織りを生業りしている吉田家にとっても素晴らしい出来事です。

実家は鳥取県倉吉市の手染め手織り「吉田たすく工房」ですが、私の弟 吉田公之介が日本一の賞を昨日頂きました。

72回新匠工芸会展で富本賞です。

染織を志している人たちの頂点とも言えるのが新匠工芸会の富本賞と稲垣賞ですが、

その富本賞人間国宝の富本憲吉の名を冠した賞です。

 

2017107日発表の72回新匠工芸会展で富本賞に輝いた吉田公之介の受賞作

a streak of lightseries

 織物のタペストリーで後ろ2枚が無地。その前にストライプのグラデーションの布地1枚を少し浮かせて展示してます。


20171012_102149
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月30日 (土)

縮れ織  さざ波 

縮れ織
さざ波

木曽川を 経糸に流し
緯糸は 波紋で織りし
綾衣

 

20170930_153053

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛知県美術館「大エルミタージュ美術館展」2017.9.15

かっての帝政ロシアの首都ペテルプルク 現在のサンクトペテルプルク

この街を今も統く芸術文化の都ヘと導いたのが、女帝エカテリーナ2世(在位1762-1796)でした。

1764年、エカテリーナ2世がベルリンの実業家から317点の絵画コレクシヨンを取得したのが、エルミタージユのはじまりといわれています。
エルミタージュとはフランス語で隠れ家と言う意味で、
この芸術を楽しむのは私とネズミだけっとエカテリーナ二世は言って一人で楽しんでいたそうです。

 エカテリーナ二世

Img_1502

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

料亭「神楽家」と「大エルミタージュ美術館展」 2017.9.15

料亭「神楽家」で食事をして、エルミタージュ美術館やエカテリーナII世についてビデオを交えて講習を聞いてから愛知県美術館へ行って「大エルミタージュ美術館展」(1600円)を音声ガイド(550円)付きで見るという5500円のツアーに参加してきました。

愛知県美術館近くの中区東桜にある料亭神楽家

 

Img_1455

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

石臼挽手打ち蕎麦 えび家(名古屋市中川区高畑) 2017/9/2

名古屋地下鉄 高畑駅から徒歩8分位のちょっと前の振興住宅街の真ん中の白い建物にある。

 

Img_1282

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

la petite pâtisserie KASUM Iと 牛ノ戸焼

また暑い中を家庭菜園のお手伝い。
しっかりと汗を掻き疲れ気味。
帰りに
la petite pâtisserie KASUMIで
美味しいケーキを頂いてきました。

 
Img_1415_2

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水上のバレー

暗闇で踊るのは


ジゼル?
白鳥の湖のオデット(白鳥)とオディール(黒鳥)? どちらのダンスでしょう
 
20170916_151254

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«和風カフェ左中(中津川市苗木) 2017.9.9